So-net無料ブログ作成

これからに向けて [Sony Sendai FC HISTORY]

クラブ創立50周年企画 ~Sony Sendai FC History~


ソニー仙台FCは今年でクラブ創立50年目となります。

クラブ創立50周年特別企画 「Sony Sendai FC History」。
この企画は、これまでソニー仙台の歴史を鮮やかに彩ってきた選手・スタッフが語り手となって、
思い出に残っているシーンや試合、エピソードを振り返っていただくコーナーです。

1年間を通して大変ご好評いただいたこの企画も、今回がいよいよ最終回です。
最後の語り手は、現ソニー仙台FCキャプテン#3荻原 健太選手です!!


Episode 9


「これからに向けて」



幼少期を当時JFLに所属していた栃木SCの下部組織で過ごしてきた私にとって、ソニー仙台FCはとても耳馴染みのあるチームだった。
入団が決まり、働きながらサッカーをするということに最初は戸惑ったものの、周りの方々のサポートのおかげで徐々に馴れ、それと同時に試合にも出場することが出来るようになっていった。

幸運にも入団3年目で優勝することが出来たが、当時を振り返ると優勝の鍵を握っていたのはあまり出場機会の無かった選手達だったように思う。そういった選手が腐らず、真摯に練習に取り組む姿を見て、全員が常にスタメンを奪われる危機感と緊張感を持ちながら日々の練習に取り組んでいた。誰が出てもおかしくないような、チーム内の競争力が激しい、まさに理想とするチーム状況だった。

あれから3年、毎年上位にはいるものの今一つ煮え切らない成績が続いている。優勝してからというもの、奪還だとか、優勝した当時と比べて…とかいう話を耳にするが、優勝したのはもう過去の事。変な驕りやプライドは捨て、謙虚に戦っていかねばならない。


今回のソニー仙台FC創立50周年企画「Sony Sendai FC History」に目を通すと、今の自分達の環境というのはOBの方々の頑張りはもちろん、チーム発足当時からの多くの方々の支えがあってのものであり、当たり前のものではないというのを改めて考えさせられる。私も含め、震災後に入団した選手が大半を占める今、私たちはもう一度そこを見つめ直し、考える必要がある。

多くの人に応援されるチームであるために。
今のチームはたくさんの人に応援してもらえるようなチームなのか。そう考えた時に、胸を張ってそうだと言える選手は多くないだろう。
2015年のリーグ優勝時、多くの方の笑顔がチームの周りにあったこと。それは歴代の先輩方や関係者が愛され、応援してもらえるチームを築き上げて下さったおかげなのだということを忘れてはならない。
また多くの方に喜んでもらいたい。入団6年目。ソニー仙台FCを通じて人との繋がりが広がるにつれ、その思いは年々強くなる。


最後になりましたが、先輩方が周りの方々に支えられながら繋いできたものを途絶えさせないように、そしてこれからをより色鮮やかなものにできるように、今後も精進していきたいと思います。
引き続き熱いご声援をよろしくお願い致します。



Episode9荻原健太.jpg

荻原 健太

ポジション:DF

栃木県出身。

彼の右足から繰り出される正確無比な長短のパスやFK、CKは、
ソニー仙台FCに多くの得点チャンスを生み出す。
2015年から3年連続でJFLベストイレブンを受賞するなど、
リーグを代表するDFへと成長を遂げた。


<経歴>

矢板中央高校学校 ⇒ 平成国際大学
  

2013年 ソニー仙台FC入団 

2015年 JFLベストイレブンに選出
     JFL海外遠征メンバーに選出 

2016年 ソニー仙台FCキャプテンに就任
     JFLベストイレブンに選出

2017年 JFLベストイレブンに選出

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

当たり前じゃねーからな! [#32瀧本 雄太]

#32瀧本です。


仙台での7年間、充実した日々でした。
仙台に来てよかったと心から思います。
いままでありがとうございました!
最後のブログです。


試合に出れない時期が続き、しんどかった事。
コーチとケンカした事。
大けがをして戦線を離脱した事。

そんなキャラでもない先輩が、出れない時期のオフの日にグラウンドの隅で自主練してた事。
アウェイバス移動出発前、メンバー外になってしまったはずなのにみんなに声をかけにくる選手がいた事。


苦しい事や、悔しい事が多かったけど
指針になる人がいた事や
尊敬できる人、友人にも恵まれた事、
この7年間に起きたいろんな事がいまの自分に繋がっているんだと思います。


優勝できた事。
めちゃくちゃうれしかったです。
応援してくれているみなさんと喜びを共に味わえたこと。
あのメンバーで戦えたこと。
サッカーは個人競技ではないものの、局面では個人スキルが問われます。
けど、いくら個人を磨こうと一体感をもったチームには敵わない事もあります。
個人として、チームとして、強くなる事はしんどい事もありましたが
みんな同じ熱量で、同じ方向を向いて取り組むことで、頑張れたと思っています。


仕事をしてサッカーをして、疲れていました。
疲れていましたが、サッカーに打ち込める環境、応援してくれる職場、会社の方々…
若い頃にはそんなに強く思えませんでしたが


当たり前じゃねーからな!


とても思います。
当時の自分に言ってやりたいです。


ソニー仙台の一員として戦えたこと、とても誇らしく思います。
人生で一番情熱を注いできたサッカーより、アツいものに出会えるとはまだ思えませんが、
次のステージでも自分らしく戦いたいと思います。

takimoto.jpg


#32瀧本でした。
ありがとうございました。

タグ:サッカー JFL
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

ありがとうございました [#24石橋 理志]

今シーズンも応援ありがとうございました。
#24石橋です。





改めて、サポーターのみなさま、会社のみなさま、チームスタッフ、
ソニー仙台FCに関わる全てのみなさま、2年間本当にありがとうございました。





そして、どんな時も背中を押して応援してくれた両親、家族、支えてくれる周りのみんな
本当にありがとう






クリスマスになると
ちょうど2年前の今頃、ソニー仙台FCから入団テストを受けないかと話が来て
サッカーを続けたいと考えていた自分にとって最高のクリスマスプレゼントが来たのを思い出します。
サッカーを辞めてサラリーマンになる予定だった自分にもう一度サッカーを続けるチャンスを与えてくれた、
このクラブには感謝してもしても足りないくらいの思いです。



2年間チームの力になることが出来ず悔しさ、自分自身の力不足を痛感しましたが、
この経験を糧に次のステージに生かして、成長していきたいと思います。





成長した姿で、またどこかでお会いできたらと思います
2年間本当にありがとうございました。





そして右京、恭兵、けいすけ、そうや 
同期の4人。
本当にありがとう。

IMG_1520.JPG




またしゃぶしゃぶ行きましょう!!





それでは


タグ:サッカー JFL
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

 [#22吉田 吏玖]

1年って本当にあっという間ですね。
毎年この時期になるともう12月か…。
1年終わるの早すぎでしょ。
子供の頃おじさんだと思っていた30歳になってしまう。
でも気持ち的にはまだ20代前半。
いつまでサッカーしているのだろう?
など年末になると色々考えてしまいます。




こんにちは!小さい頃老け顔ぎみだった#22 吉田です。
小さい頃はとにかく年齢よりも上に見られることが多かったです。
今はやっと顔に年齢が追い付いてきたかなって感じです!笑
くだらない話はこの辺にしといて。



今シーズンは僕にとって非常にもどかしい1年となりました。
開幕5戦勝利無しのまま怪我で長期離脱。
早く復帰したいが思うようにいかず些細なことでイライラする時期もあり
帯状疱疹が出てくるまでストレスは溜まっていました。
今年は本当に我慢の1年だったと思います。



僕が今強く抱いている思いは「自分が試合に出て勝利する」ことです。
勝ちたい。とにかく勝ちたい。ただそれだけです。



スタンドから見る勝利、ベンチから見る勝利、試合にでて勝ち取る勝利
色々ありますが、自分が試合にでて勝ち取る勝利はやはり別格です!

早く勝利の瞬間を味わえるように辛抱強くリハビリ頑張りたいと思います。




今シーズンはソニー仙台FCへの多大なるご支援、ご声援ありがとうございました。
来シーズンもよろしくお願い致します。
来年こそは強いソニー仙台FCを皆さんみお見せできるよう頑張ります。


それでは良いお年を!


タグ:サッカー JFL
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

たなかりゅうしろう [#20田中 龍志郎]

どうも!
チームで唯一、ブログを事務局に提出する前に
#4瀬田さんの文章チェック、写真チェックが入ります。
龍志郎です!

4ヶ月ぶりのブログです!
ブログをいつも読んでいただいてる方には、
あれ?
龍志郎だけブログ飛ばされてね??
あいつ20番だから10月20日でいいんだよな?
皆様の認識で合っています笑

何で飛ばされたかと言えば、事務局の承認が出ない内容だったからですね!
盛り上げるとふざけるの境界線がすごく難しい…
ごめんなさい!

実は過去にもたくさんのNGブログがあり
ブログ作りにはいつも悪戦苦闘しております。
過去のNGブログを見たい方がいましたら個人的にご連絡ください!

今年一年振り返ると、学生から社会人への移り変わりが
私にとって非常に難しい年でした!
そんな中、#4瀬田さん、#5やまさん、#16慶治さん、#32雄太さんは
見放すのではなく、様々な面で指導をしてくれました!
本当にありがとうございました。

この流れだと、#16慶治さんも退団みたいな雰囲気出ていますが、退団しません。笑
来年も走り回るそうです!

いやー!
社会人って難しいですね!!
自分が良かれと思ってもダメなことが多かったです!
これもチャレンジした結果学べたと思うので、これからも
チャレンジ精神は出していきます。

来年から2年目だー!
2つ目標があります!

1.今年皆様に残せたインパクトを越し、
全世界のソニーで働く社員の方々に、
名前と顔を知ってもらうこと。

2.とにかく目立つ、注目される。
容姿ではなく、もちろんプレーで!


俺は俺なので
俺らしくを忘れずにいきたいと思います。
周りの意見は取り入れつつ、
最終決定権はもちろん俺!
これくらい強い気持ちを持ち来年も闘います。

ではサッカーとは少し離れてリフレッシュします。
また2ヶ月後!


タグ:サッカー JFL
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ビッグ3 [#18秋元 佑太]

最近また名前を呼ばれなくなって寂しいです。

「こいつまた言ってんな」って思っているあなた。


そうです。#18秋です。
こんにちは。


今シーズンも1年間ソニー仙台FCを応援していただき本当にありがとうございました!!

チームとしても個人としても悔しい1年で、今まで以上に多くのことを考えさせられる1年だった気がします。

少し年末っぽいことを言わせてもらうと、来年は色々と前進できる1年にしたいなと思っています。




話は変わりますが、シーズン終盤、毎年のことではありますが退団選手が発表されます。

僕が入団した2015年から、慕っていた先輩方が少しずつ退団していき、
ついに今年は近年のソニー仙台FCビッグ3とも呼ばれた3人の方々が一気に退団するということになりました。


今日はその3人の話を少し。


#32雄太さん

第一印象(というか結構な期間)は、怖いというか、苦手というか、おれこの人に好かれてないなーという感じ。
僕の中では元#10泉さんと並んで強面ツートップの一角でした。

試合中めっちゃキレるし、僕自身も何回も怒られました、、、
1回練習試合の時にめちゃくちゃ言われてさすがにその時はカチンときたんですが、雄太さんと目が合ったら一瞬で委縮しました。(覇王色かと。)


そして今の印象は一転して「めちゃ優しい先輩」。
こんなに優しい人いる?ってくらい。言い過ぎだろって思う人もいるかと思いますが、割と本気です。

今まで生きてきてここまで印象が変わった人はいません。笑



#5山さん

入団時6人いた中大軍団(大瀧さん、比嘉さん、山さん、秀くん、細くん、秋元)の中の一人でしたが、かぶってはいませんが寮の部屋が同じだったことで
入団当初から勝手に親近感を持ってました。

最初の方はそこまで仲良くさせてもらってたわけではないですが、自然と惹かれる何かを持っているのか、またも勝手にですがお兄ちゃん的な感じで慕っていました。

1年目の僕の誕生日にはレッドブル(しかも330mlの大きいやつ)をサッと渡してくる、めちゃくちゃカッコいい先輩で、
次の年絶対お返ししてやろうと思ってたのに気づいたら山さんの誕生日が終わっていたのが心残りです。

話は戻りますが、大学時代にソニーに練習参加させてもらった時、最終日の練習試合を僕の母が見に来たんですが、中大の先輩ということでわざわざ挨拶してくれて
更には観戦しやすいようにベンチまで用意してくれたそうで、その時から母も山さんの虜になってたそうです。笑



#4瀬田さん

入団した瞬間から「この人だ。」でした。
僕は小学校の時からサッカー続けてますが、今思うと各カテゴリー、環境が変わるたびに自然と自分の指針となる人を見つけてその人を意識した行動、プレーをしていました。

ソニーではそれが瀬田さんでしたが、明らかに今までのそういう人たちよりも一歩二歩先を行ってました。
最近では爽弥が瀬田塾瀬田塾言ってますが、僕は入団当初から無断で通っています。

そんな絶対的な指針が来年からいなくなるというのがまだ実感湧きませんが、自分が成長するチャンスだと思って頑張ります。
なにかあったときは相談します。



少し長くなりましたが、来シーズンはチームとしても非常に大きな存在だったこの3人が抜けてしまいますが、

金子(す)さん、シンノさん、慶治さんの新ビッグ3がチームを引っ張ってくれると思うので、必ず皆さんにいい結果を報告できるように頑張ります!

来シーズンもソニー仙台FCの応援を宜しくお願いします!!

aki.jpg

タグ:サッカー JFL
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

007 サインに愛を込めて [#16小泉 慶治]

#16 小泉です。

謎めいた私生活

みなに聞かれます「家で何してるの?」
数々の謎の行動、宇宙人説、トマトアレルギー

今宵、明かしましょう。
私が何者かを、、

This is story

カンボジアで一週間宿泊したホテルは
サウナ、水風呂、浴槽の完備

時間さえあれば交代浴をしている私を見て
ある方から「プロフェッショナル」の
お言葉を頂く。
と言うよりかは他にすることがない。

女性従業員から毎回ロッカーの鍵を
受け取らなければならず、いつしか顔馴染みに
恐らく、こう思われていました。
「このジャパニーズ、何回風呂入るんだよ」
「売れっ子 体当たり芸人か」

ある日、女性従業員からこう呼ばれました。

「Sexy sign」

本場の英語でその単語を聞いた時、
私は心の中で「パードン ミー」

「Sexy sign」

確かに鍵を借りる際は名前を記入するけど、
文字がセクシーなのか?

国際恋愛を暇潰しに楽しみつつ、
事件は起きる。

浴槽で素っ裸の私は仁王立ちしていると
女性従業員=ボンドガールが入ってきて
お茶を勧められた。

局長のM(森原先輩)に電話しようと思ったが
そんな時間もない。
だがきっとこう言ってくれるだろう。

「恋仲に勧められたお茶は飲もう ヨシ」で
お願い致します。

ブログで繰り出す世にも奇妙な指差呼称
役に立たない。

私が咄嗟に発した言葉は
「ノー センキュー」だった。

後々分かったことだが、
カンボジアでは入浴中もズボンを履くらしい。

ボンドガールの目線は常に上だったから、
「プロフェッショナルの称号」は
あなたにあげるよ。

思い返せば
お茶は飲むべきだった。

人生には【ここぞ】という瞬間がある。
私は、間違えた。

開発担当Qに頼みタイムマシンで
過去に戻れるならこう言い直す。

「オォ~ センキュ~↑↑」

カンボジアでの恋愛はおわった。

それでも最後のお風呂では、
日本に帰ることをカタコトで伝えたら、
「また来てね!」だって。

「また来てね」
そ・れ・だ・け (滝川クリステルさん風に)

でもボディタッチあったよな?
勘違い野郎だな俺はっ!!
今日から俺は!!(一人で生きる)

帰りの飛行機は試合直後だけあって眠れない。
アルコールの力を借りようと赤ワインを注文

スジャータのあの濃い赤葡萄ジュースを
普段から飲み慣れているだけあって、
ほろ酔い気分に浸るはずが一口飲んで思った。
「(アルコールが) 押し寄せてくる」
「右京の肩揺らしプレス並みに押し寄せてくる」

お口直しに十八番の珈琲を注文
一口飲んで思った。「これでええ」

どこかに記載していたかな?
赤ワインと珈琲の【混ぜるな危険】

高度1万メートル ~夢の中~

<<<<三途の川をスプリント>>>>

私の名前は、

ケイジ

ジェームズ ケイジ

nice!(0)  コメント(0) 

I'll be back

こんにちは。
#14 翔大です。



今シーズンも1年間を通して変わらぬ声援をありがとうございました。
優勝という目標だけはブレません。
悔しさが来シーズンへの糧となるよう頑張ります。



と言いたいところですが、、、


僕は現在病院のベッドの上です。



今シーズン最後の試合で人生初の大怪我をしてしまいました。
ベッドの上で一人になると普段あーだこーだ話す仲間もいなく寂しくもなりますが、
自分自身を見つめる良い機会になっています。



怪我なくプレー出来ること、プレーする環境が与えられている事、いつも応援してくれる人がいる事。どれも当たり前の事なんてひとつもないし、もっとそういった部分に感謝しながら毎日を送っていかなければと僕自身、今回の事で改めて考えさせられています。


そして、なんと言っても痛いです。痛すぎます。


手術したらすぐに病院脱走してやりますよ。
なんて言ってごめんなさいトレーナーの皆さん。



復帰に向けて、今、目の前にある事に全力を注ぎます。


I'll be back



以上、病院からの中継でした。
shota.jpg


タグ:サッカー JFL
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2015シーズン [Sony Sendai FC HISTORY]

クラブ創立50周年企画 ~Sony Sendai FC History~


ソニー仙台FCは今年でクラブ創立50年目となります。

クラブ創立50周年特別企画 「Sony Sendai FC History」。
この企画は、これまでソニー仙台の歴史を鮮やかに彩ってきた選手・スタッフが語り手となって、
思い出に残っているシーンや試合、エピソードを振り返っていただくコーナーです。

今回の語り手は、チームに数々の栄光をもたらした名将、石川雅人さんです!!


Episode 8


「2015シーズン」


JFLチャンピオンシップ vsヴァンラーレ八戸
PK戦、6人目のキッカーは秋元佑太。
決めれば優勝という状況、秋元らしく落ち着いて決めた。
みんなで喜びあった瞬間だった。
 
2015シーズンは、リーグ戦30試合で21勝8分1敗と年間で1敗のみ。
その結果が信じられないくらい拮抗した試合が多く、逆転勝ち、試合終了間際でのゴールによる勝利が多かった。
 
1stステージ
第2節 vs 栃木U 89分同点(村田純平)、90分逆転(有間潤)○4-3
第11節 vs 鹿児島 89分先制(村田純平)○1-0 
第12節 vs SP京都 90+3分先制(瀬田貴仁)○1-0

2ndステージ
第5節 vs ホンダロック 87分先制(荻原健太)○1-0
第10節 vs 沼津 71分同点(前澤甲気)、90分逆転(内野裕太)○2-1
第12節 vs Honda 90+1分に先制されるも、90+5分同点(山田佑介)△1-1
 
あるアウェイゲーム前日、チームの遠征バス出発時、メンバー外で勤務中だった選手が差し入れを持って激励、チームの勝利への想いを仲間に託す。
試合へ向かう遠征メンバーの士気は高まった。
首位争いの大一番の試合に先発出場するも、不慮の負傷で前半途中交代。
人一倍責任感の強い選手は、交代時に涙を浮かべていた。
普段の彼からは想像もつかないその姿にみんな気持ちを動かされた。
交代で出場した選手は終始高いパフォーマンスを見せ、決勝ゴールの起点にもなった。
 
シーズンを通して、選手たちは、チームのために行動し、チームみんなのために戦っていた。
試合終盤の苦しい時間帯、相手を上回ることができた理由だと思う。
優勝を争う緊張感ある戦いの中、ギリギリの試合をいくつも制することにより、チームは成長していく。
 
そして迎えたシーズン優勝を決めるチャンピオンシップ。
 
第1戦はアウェイで0-1の完敗。
優勝のためには、勝利が最低条件の第2戦へ向けての1週間、常に逆境の展開の試合をはね返してきた選手たちは、とても落ち着いていた。
1週間のトレーニングで、第2戦に向けて最高の準備ができた。
 
ホーム、ユアテックスタジアムで行われた第2戦。
後半24分、村田純平のゴールで2戦合計1-1。
延長戦でも決着つかず、シーズン優勝を決める戦いはPK戦へ突入。
 
クラブとしてこれまで経験のない優勝を決めるPK戦へ向かうピッチ上での円陣。
選手たちは明るく自信に満ちた表情で、プレッシャーを楽しんでいるように感じた。
メンバー外選手も一緒になって、その雰囲気をつくり出していた。
逆境やプレッシャーの中でもチーム力を発揮すること、
それは選手たち全員で築き上げた「日常」だった。
 
ソニー仙台FCのクラブ創立50周年に際し、JFLで優勝した2015シーズンについて、
触れさせていただきました。ソニー仙台FCは、スポンサー、地域、会社、OBの皆様、
およびサポーターの皆様に支えられています。これまでの50年、多くの方々がこのクラブに関わり、どんな逆境に直面しても、いつもクラブを支えていただきました。

これからも一歩ずつ前へ進んでいくソニー仙台FCへ、
変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いします。


Episode8石川雅人1.jpg

石川 雅人 

ポジション:DF

愛知県出身。

現役時代は的確な指示と冷静な判断でDFラインを統率、
また、セットプレーからは打点の高いヘディングで得点を量産するなど、
攻守ともにソニー仙台FCの中心選手として活躍。


引退後はソニー仙台FCコーチを5年間務めたのち、監督に就任。
天皇杯で鹿島アントラーズを破る大金星をあげるなど、チームを数々の栄光に導き、
2015年にはチームにJFL初優勝をもたらした。
同年、JFL最優秀監督賞を受賞。



<経歴>

愛知県立松陰高等学校 ⇒ 筑波大学
  
1999年 ソニー仙台FC入団

2004年 埼玉国体 優勝

2006年 現役を引退、ソニー仙台FCコーチに就任

2012年 ソニー仙台FC監督に就任 

2015年 チームをJFL初優勝へ導き、JFL最優秀監督賞を受賞 

2017年 監督を勇退

nice!(1)  コメント(0) 

ありがとうございました [#10山﨑 一帆]

2018年シーズン多くの応援が力になりました。
ありがとうございました。
JFL1年目の結果はチーム、個人ともに目指していた結果とは程遠いものとなりました。
この悔しさを糧に来シーズンに向けてみっちりトレーニングしたいと思います。

#10一帆です。

いきなりですが、
悩みがない事が悩みな僕に、悩みが出来ました。

それは、、、


#16小泉選手の謎めいた言動と行動です(笑)

エピソード1「挨拶」

すれ違うと挨拶をしているにもかかわらず
「挨拶は!」と切れ気味の口調で言われます。
稀に「おおー、いい挨拶だ」と褒めてくれます(笑)


エピソード2「張り倒し」

ストレッチをしていると背後から忍び寄り
僕の両脇に腕を挟んできて、よくわからない言葉を発しながら張り倒されます。
「お前、腕の力強いな、、、スピードとアジリティで勝負するか。イヒヒヒヒ」
と意味深発言もしていました。怖い、、、


エピソード3「当たり屋」

ジョギング中、後ろから僕に突っ込んできて
「おい!いてーぞ!」と当たり屋もしてきます。

他にも多々ありますが、この辺りでやめておきたいと思います。

結論、というかやはり、
ソニー仙台FC名ブロガーの小泉選手は謎しかない選手であることが分かりました。
公式戦の時では見せない選手の素顔を発信していけたらな、と思います。

このブログを見て小泉選手がどのような対処をしてくるのか楽しみです。
そいぎんたー!!!

タグ:サッカー JFL
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ